Didier Merah ニューアルバム 『Eden』 Coming Soon
 

2010/12/01:電子書籍の未来

アメリカでは電子書籍がかなり普及してきているらしいですが、日本はどうでしょうか。日本でも今後、電子書籍がどんどん便利に活用できるようになっていくのでしょうか。

個人的には、時間が掛かるだろうなと思います。おそらく、複数の独自仕様が乱立してコンテンツも分散していくのではないでしょうか。いや、それ以前に、音楽の着うたフル先行配信みたいに、既得権益が潰れない程度に中途半端に住み分けていく気がします。

集英社と講談社と小学館が提携して、漫画雑誌を共通フォーマットで定期購読できるようになったりすれば、一気に普及するかもしれませんけど。

まあ、文章なんかは、横書きでいいならhtmlでもメールでも配信できますし、そのうちhtml5+css3で縦書きも出来るようになるでしょうから、最終的にはブラウザがあれば充分ってところに落ち着くかもしれません。



2010/12/04:今週の再生回数ランキング

Didier Merah(ディディエ・メラ)の音楽ブログパーツは、無料でご利用いただけます。登録等も不要です。

楽曲一覧』からお好きな曲のページへ行き、ブログパーツ貼付用コードを取得してください。それぞれ、2種類のサイズと自動再生の有無のバリエーションがあります。

ご自身のブログへの貼付方は、お使いのブログサービスのヘルプや、以下のサイトを参考にしてください。
 ブログパーツへの貼り付け方 (ブログパーツ.com)
 ブログパーツの貼り付け方 (ブログパーツスケット)


さて、今週の再生回数のランキングです。今週は『Esperanza』が6位にランクインしています。

続きを読む



2010/12/07:スマートフォンと個体識別

日本でもスマートフォン市場が盛り上がりを見せつつあります。

かつて、日本メーカーの独自仕様パソコンがWindowsに駆逐されて消えたように、携帯電話もいずれはスマートフォン一色になるのでしょうか。それは分かりませんが、日本独自仕様のいわゆるガラパゴス携帯は、いずれは淘汰されるのでしょう。

しかし、いまのところ置き換えるには不足している機能があります。それは、いわゆる個体識別番号というやつです。いくつかの用途では、ブラウザによるユーザIDとパスワードの記憶、SSL(https)、ブラウザCookieなどがPCブラウザと同様に扱えれば問題ないでしょう。でも、それでは置き換えられないケースもあります。

それは、重複アカウントの防止や、迷惑ユーザの排除などです。mixiなどの大手SNSでは、専用のiPhoneアプリによって個体識別番号に相当する情報を取得したりしているようですが、そんなのは特定少数の大手サイトだから許される話。無数にあるサイト毎に専用アプリをそれぞれインストールするなんて馬鹿みたいなこと、ありえませんよね。

一部では、スマートフォンのブラウザがMACアドレスやSIMカードの情報を送れるようになればいい、なんて意見もあるようですが、本質的にHTTPリクエストヘッダが自由に偽装できる以上、そんな仕組みではダメでしょう。まあ、実際のところ、スマートフォンの普及とともに個体識別はできなくなっていくのでしょうが、もし真っ当なセキュリティと技術的正当性を伴ったやり方で実現するなら、SSLクライアント証明書しかないでしょう。

個体識別専用のルート認証局を作って、SSLクライアント証明書の作成と署名用に、専用アプリをスマートフォンにプリセットしておけばよい。そのルート認証局は、複数のキャリアが提携するなどして共通のひとつの認証局になれば理想だけど、キャリア毎でもまあよし。ウェブサーバ側は個体識別専用ルート証明書を使ってクライアントから送られてきた証明書を検証する。

ウェブサーバ側に新しい実装が必要かもしれないし、最低でもSSL対応しないといけないわけだから、敷居は高くなるけど。



2010/12/09:Didier Merah Japanの活動のスタンス

Didier Merah Japanは、広義の意味ではインディーズということになるのでしょうが、Didier Merah Japanの活動に対してこの言葉はあまり使いたくありません。

インディーズという言葉は、特に日本ではメジャーを目指している新人というような色付けがされていますし、路上ライブでCD手売り的なイメージもあります。他者のそういう活動を否定はしませんが、Didier Merah(ディディエ・メラ)は過去の経歴を伏せているとはいえ音楽家としては新人ではありませんし、そもそもDidier Merah Japanが目指しているものは、少し違うところにあるのです。

Didier Merah Japanの活動が今のスタイルになったのは、いろいろな理由があります。単に状況やタイミングの問題もありますし、これからも新しいことを試みていくと思いますが、目的はハッキリしています。それはひとつには、Didier Merah(ディディエ・メラ)というアーティストが本当にやりたい音楽、それが出来る環境を作り、そしてその音楽を世に残すということです。

そのため、大手資本やメジャーレーベルの力を借りてやりたくもない音楽をやるよりは、多少の時間は掛かっても、Didier Merah(ディディエ・メラ)の本気の本物の音楽を、如何なる第三者のバイアスも掛けずに公開できる方法を選択しているのです。



2010/12/12:今週の再生回数ランキング

ブログパーツによる楽曲再生回数のランキングです。

今週の週間ランキングでは、いくつか順位に変動がありました、『Kono Hana Sakuya』は2位、『First Light』が3位に上昇。『Espranza』も6位から5位と続伸しています。『Espranza』は冬のイメージにぴったりの曲なので、冬には『Espranza』を貼るという人も多いのではないでしょうか。

また、トータル再生回数では、『First Light』が50万回を突破しました。

続きを読む



Powered by FC2ブログ


サイトマップ
月別アーカイブ
カテゴリ
おしらせ (69)
ランキング (83)
楽曲解説 (9)
Didier Merahのひみつ (4)
サーバ管理 (5)
レビュー (4)
雑記 (7)
レコーディング&ミキシング (3)
未分類 (1)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク